薬膳で体質改善

薬膳って難しい?

「薬膳」と聞くと、なんだか苦めの生薬と食材を合わせて作る「おいしくない料理」のようなイメージはないですか?

そんなことはないんです!

生姜やネギやニンニクは普段のお料理で使いますよね?
薬膳の材料には、特別な食材もありますが、私たちが日常で使用している食材だけでも立派な薬膳料理が出来るんです。

例えば、疲労回復にお勧めの食材には…

《ストレス疲れ》
食材:牛乳、海藻、セロリ、ジャガイモ、カツオなどの魚介類、豚肉

《だるい疲れ》
食材:アスパラガス、玉ねぎ、ニラ、牡蠣、赤身肉、黒酢

《目の疲れ》
食材:鶏・豚レバー、卵黄、にんじん、牡蠣、シジミ、しそ、かぼちゃ

《肩、腰の疲れやむくみ》
食材:鶏肉、かぼちゃ、ホウレンソウ、わかめ、マッシュルーム

《胃腸の疲れ》
食材:白身魚、豆腐、キャベツ、しそ、リンゴ、オレンジ、ヨーグルト

「疲れ」とひと言でいっても人それぞれ違います。
食材を使い分け、毎食の食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

身体は毎日の食事で出来ています。
ほんの少しの食材選びで体調のコントロールが出来るようになります!

まずは疲れを取り除き、元気な毎日を過ごしてみましょう!

「薬膳」始めてみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です