春の山菜で腸内環境改善&デトックス

ふきの煮物

夫の実家からのいただきもの、「ふき」

タケノコや油揚げなどと炊き合わせると、とてもおいしくいただくことができます。

皮をむいて塩もみし、熱湯でゆでてあく抜きしたふき

この「ふき」。食べると筋があったり食感がシャキシャキとしていますが、
これは食物繊維です。さらにいうと不溶性食物繊維なのですが、
この不溶性食物繊維を摂ることで、腸の内側を刺激してくれます。

そうすると、腸内の蠕動運動も活発になり、腸の働きも活発化します。

そして、ふきには、冬の間に溜まった毒素を排出するデトックス作用もあり、
肝臓の働きを高めてくれます。

春にぜひ食べたい山菜のひとつ。

免疫力を上げるには、まず腸内環境をととのえること。

そして、ふきだけでなく、体の調子を整えるためにも、できるだけ
旬の食材を摂るようにこころがけていきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です